分泌

アイコンタクトで、患者がセラピードッグをとても愛おしく思うことによって「優しさのホルモン」ともいわれるオキトキシンが分泌され、最終的にはストレスを緩和したり癒しなどに繋がっているのです。
「肝機能の悪化」は、血液検査のAST(GOT)やALT(GPT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)などの値によって診ることができますが、ここ最近では肝機能が悪化している現代人の数が明らかに増加傾向にあるということが危険視されています。
バイキンやウィルスなど病気を生む病原体(病原微生物)が口から肺に進入し罹患し、左右どちらかの肺が炎症反応を見せている様を「肺炎」と診断しています。
数あるギプスの中でも特にグラスファイバー製のものは、非常に丈夫で軽量な上に長期間の使用に耐えることができ、水に濡れてもふやけずに使用できるという特長があるので、現代のギプスの王道となっているのです。
必要な栄養素を万遍なく含んだ食生活や適度な運動は勿論、身体の健康や美を目的として、サブに数種類のサプリメントを飲用する事が一般的になったようです。
くしゃみや鼻水、鼻づまりや目の掻痒感・ゴロゴロするような感覚などの花粉症の不快な諸症状は、アレルゲンである花粉の飛散量の多さに比例しているかのように悪くなるデータがあるとのことです。
酒類に含まれるアルコールを分解する働きがあるナイアシンは、苦しい二日酔いに極めて有効です。宿酔の因子とされるエチルアルデヒ(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という化学物質のクラッキングにも作用します。
吐血(とけつ)と喀血(かっけつ)は血を吐くことですが、喀血とはのどから肺をつないでいる気道(呼吸器の一種)から出血する状態で、吐血の方は十二指腸より上にある食道などの消化管から出血する症状のことを言い表しています。
通行中の衝突事故や作業現場での転落など、大きな圧力がかかった場合は複数の箇所に骨折が生じてしまったり、開放骨折に至ったり、重症の時は内臓が損傷してしまうこともあります。
ただの捻挫と自己判断し、湿布をして包帯やテーピングでとりあえず患部を固定し、そのまま様子を見るのではなく、応急処置を済ませたら迅速に整形外科で診てもらうことが、早く快癒させる近道になるでしょう。
環状紅斑は輪状、つまりは輪っかのようなまるい形状をした赤い色の発疹や鱗屑(りんせつ)など、皮ふ疾患の総合的な病名であって、その病因はまったくもって様々なのです。
現代のオペ室には、御手洗や器械室(apparatus room )、準備室(preparation room)を設置し、オペ中にレントゲン撮影するためのX線装置を設けるか、そうでなければ付近にX線装置用の専門室を準備するのが慣例だ。
腹部の右上にある肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが付着した状態の脂肪肝(fatty liver)は、狭心症に始まる色々な疾患の素因となる可能性が高いといわれています。
30歳代で更年期になるとしたら、医学用語で表現すると「早発閉経(そうはつへいけい)」という女性疾患を指します(我が国では40才以下の女性が閉経する症状のことを「早発閉経(早期閉経)」と呼んでいます)。
季節性インフルエンザ(seasonal influenza)のワクチンでは、今までの膨大な研究結果により、ワクチンの効能が望めるのは接種日のおよそ14日後からおよそ5カ月間程度だろうということが分かりました。