睡眠不足

スギ花粉症などの病状(鼻水、鼻詰まり、連発するくしゃみなど)のために夜間しっかり眠れない場合、それが因子になって睡眠不足の状態になり、翌日目覚めてからの諸活動に思わしくないダメージを与えるかもしれません。
鍼を皮膚に刺す、という物的な多数の刺激は、神経細胞を活性化して、神経インパルスという名のいわば電気信号の伝達を起こすのではないかと考えられているようです。
胃食道逆流症の一つである逆流性食道炎は、食事の欧米化やスモーキング・アルコール類・肥満症等のライフスタイルの変化、ストレスなどに縁り、ことさら日本人に患者が多い疾患です。
なんとなく「ストレス」というのは、「溜めてはいけないもの」「排除すべきもの」と捉えがちですが、其の実、私たち人間は様々な場面でストレスを体験しているからこそ、生活することに耐えられます。
ジェネリック医薬品(generic drug)というのは新薬の特許が失われた後に販売され、新薬に等しい成分で金銭的な自己負担の小さな(薬の金額が安価な)後発医薬品そのものです。
「いつも時間がない」「面倒くさい付き合いが嫌でしょうがない」「あらゆるテクノロジーや情報のハイレベルな進化になかなか付いていけない」など、ストレスを受ける主因は十人十色です。
前立腺という生殖器はその生育や働きにアンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)が密接に関連していますが、前立腺に発現した癌も同じく、アンドロゲン、すなわち雄性ホルモンの機能によって大きくなってしまいます。
高血圧(hypertension)がある程度続くと、体中の血管に強い負荷がかかった挙句、頭のてっぺんから足の爪先まで色々な血管にトラブルが発生して、合併症になってしまうパーセンテージが大きくなるのです。
消化器科の領域である急性腸炎(acute enteritis)は、普通は腹痛・嘔吐・腹下しを伴う程度で治まりますが、細菌感染によるものの場合は壮絶な腹痛・ずっと続く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・下痢に加えて38度以上の高熱が出るのが相違点だといえます。
老化が原因の難聴においては毎日少しずつ聴力が低下していくものの、普通還暦くらいまでは耳の老化をしっかり認識できないのです。
耳鼻科で診てもらえる花粉症とは、森林のスギや檜などの花粉が原因物質となって、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・頭重感・喉の痛み・鼻詰まり・鼻水などの辛いアレルギー症状を主訴とする病気なのです。
複雑骨折してたくさん出血した際、急に血圧が降下して目の前が暗くなるようなめまいや冷や汗、胸のムカつき、顔面蒼白、座っていても起こる意識喪失などの脳貧血の症状が誘引されることがよくあります。
学校や幼稚園などの大規模な団体生活をする中で、花粉症の症状が要因でクラスのお友達と同じようにしてエネルギッシュに走り回ることができないのは、子どもにとって残念なことです。
筋緊張性頭痛とはPC使用などによる肩こり、首の凝りから来る患者数が多い頭痛で、「ギュッと締め付けられるような激しい痛さ」「重苦しい鈍い頭痛」と言い表される症状が特徴です。
脂漏性皮膚炎という病気は皮脂分泌の異常が原因で出現する湿疹で、分泌がおかしくなる素因としてステロイドホルモンの一種である生殖ホルモンのバランスの乱れ、リボフラビンなどビタミンBコンプレックスの不足等が大きいと考えられているのです。