ビューティー

栄養バランスの取れた食生活やスポーツは無論、身体の健康やビューティーを目的とし、目当ての栄養を補うために色々なサプリメントを利用する事が一般的になったようなのです。
腹部の右上にある肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが付着した状態の脂肪肝(しぼうかん)という病気は、糖尿病に始まる色々な生活習慣病の合併症の素因となる可能性が高いといわれています。
トコトリエノールの作用としては酸化を遅らせる効果がおそらく一番知られていると思いますが、その他に肌を美しく保つ作用や、血清コレステロールの生産を抑えるというようなことが言われています。
過飲過食、体重過量、喫煙、消費カロリーの低下、心身のストレス、老化などの様々な原因が絡むと、インスリンの分泌量が低下したり、機能が衰えたりして生活習慣病と言われる方の2型糖尿病に罹患することになります。
抗酸菌のひとつである結核菌は、感染した人が「せき」をすることによって外気や内気の中に振りまかれ、空中にふわふわ動いているのを今度は別の人が呼吸しながら吸い込むことでどんどん拡がっていきます。
ビタミンB1不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、手や脚が何も感じない麻痺状態になったり脚の著しいむくみなどが一般的で、症状が進行してしまうと、あろうことか呼吸困難に至る心不全などを誘発することがあります。
年々患者数が増加しているうつ病では脳内で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが不足した結果、不眠、憂うつ感、なかなか抜けない倦怠感、食欲の低下、体重の減少、強い焦燥感、極端な意欲の低下、そして重症の場合自殺企図などの危険な症状が現れるのです。
我が国における結核への対策は、1951年施行の「結核予防法」にならう形で進められてきましたが、半世紀が経過した2007年から数多くある他の感染症と等しく「感染症予防法」に沿って行われることになったのです。
30才から39才までの間に更年期が訪れるとすれば、医学用語で表すとPOF(Premature Ovarian Failure)という疾患に当てはまります(この国では40歳未満の女の人が閉経する状態を「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」と定義しています)。
常在細菌の一つであるブドウ球菌(ぶどうきゅうきん、staphylococcus)はグラム染色で紫色になるグラム陽性球菌で、毒力が強力な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…aureusは「黄金色」の意)と一方は毒素があまりないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種になっています。
万が一婦人科の検査で危惧していた通り卵胞ホルモン・黄体ホルモンの分泌量が基準値よりも少なく早発閉経(POF)と判明した場合は、足りない女性ホルモンを補填してあげる治療方法で改善が望めます。
ともすると「ストレス」というものは、「なくさなければいけない」「除外すべき」ものと捉えがちですが、実の所、人は日々ストレスを抱えるからこそ、活動し続けることが可能になっているのです。
メタボリックシンドロームとは言われていなかったとしても、内臓に脂肪が付着してしまう型式の悪い肥満を持つ事で、色々な生活習慣病を招きやすくなります。
ジェネリックという医薬品は新薬の特許が無くなってしまった後に販売され、新薬と変わらない成分で経済的な負荷を低くできる(クスリの金額の高くない)後発医薬品です。
突然発症する急性腸炎(acute enteritis)は、一般的には腹痛・吐き気・嘔吐・下痢を伴う程度ですが、細菌性の場合は酷い腹痛・長引く吐き気・幾度も繰り返す嘔吐・水下痢に加えて38度以上の高い発熱が見分けるポイントです。