ウィルス

気分障害の一種であるうつ病は脳の中の神経伝達物質の「セロトニン」が不足した結果、不眠、強い憂うつ感、疲労感、食欲低下、焦り、顕著な意欲の低下、そして重症の場合自殺企図などの危険な症状が心身に現れるのです。
耳の内部構造は、耳殻側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳」「内耳」の3か所に分けられますが、この中耳の辺りにばい菌やウィルスなどが感染することで炎症が誘発されたり、体液が滞留する症状を中耳炎と称しています。
「ストレス」というものは、「無くすべき」「除外すべき」ものとされていますが、本当は、私達は日々ストレスを受けるからこそ、生き続けることが可能になるのです。
アミノ酸のひとつグルタチオン(Glutathione)は、細胞の機能を低減したり突然変異を招く人体に有害な物質を身体の中で無毒化し、肝機能を促進する特長が明らかになっています。
自動体外式除細動器(AED)は医療資格を持っていない人にも使用可能な医療機器で、AEDからの音声ガイダンスに従って手当することで、心臓の心室細動に対しての応急処置の効果を発揮してくれます。
UVB波は、UVA波より波長が短いのでオゾン層でその一部分が吸収されるものの、地表に達したUV-B波は肌の表皮の内部で細胞のデオキシリボ核酸(DNA)を傷つけたりして、皮膚にとって悪い影響を与えることになります。
ポリフェノールに代表されるフィトケミカルの一つのスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリースプラウトに含まれる揮発性の物質について、肝臓が分泌している解毒酵素の効率的な製造活動を促進しているかもしれないという因果関係が明らかになってきたのです。
明るくない所だと光不足でものが見辛くなりますが、より瞳孔が開くので、眼球の水晶体のピントを合わせるのに多くのエネルギーが使用され、結果的に光の入る場所でモノを眺めるよりも疲労が大きくなるのです。
吐血(とけつ)も喀血(かっけつ)も血を吐くことですが、喀血の方は喉から肺をつなぐ気道(呼吸器…respiratory system)からの出血であり、吐血の方は無腸間膜小腸よりも上部にある消化管から出血することを指しているのです。
お年寄りや慢性的な病を患っている人などは、とりわけ肺炎になりやすくすぐには治りにくい傾向が見られるので、事前に予防する意識や迅速な手当が必要になります。
くも膜下出血(SAH)とはほとんどが「脳動脈りゅう」という脳内の血管の不要な瘤(こぶ)が破れてしまう事が原因となってなってしまう死亡率の高い病気だという知識を多くの人が持っています。
急性中耳炎は、最も患者数の多い中耳炎で幼い子どもによくみられる病気です。強い耳の痛みや38度以上の熱、鼓膜の腫れや炎症、耳漏(耳だれ)などの様々な症状が発生するのです。
BMI(体重指数を求める式はどこの国でも同じですが、値の位置づけは国単位でそれぞれ少しずつ違い、一般社団法人日本肥満学会(JASSO)ではBMI値22を標準体重とし、25以上の場合は肥満、18.5未満は低体重と定めています。
鍼灸のハリを患部に刺す、という物的な複数の刺激は、神経細胞を活性させ、神経インパルスという呼称の電気信号の化学伝達を誘発するのではないかという考えが浸透しています。
胸焼けが特徴の逆流性胃腸炎は、食事の欧米化に加えて喫煙・アルコール・肥満症などの生活習慣が悪化したこと、ストレスなどによって、殊更日本人に増えつつある疾患の一つです。